| 近視手術体験談【術前/当日/術直後/術後経過】 | レンズ話【Hard/Soft/】 | 目の病気こぼれ話 |


目の病気のおはなし
実はメジャーかもしれない病気。油断は禁物です。


■網膜剥離
難しそうに見えて実はけっこう身近なネタです。今ここで、「ボクシング?」とか「明日のジョー?」とか思った人はすみやかに手を上げてください。ようはその病名の通り、モノを見る時にとても大事な「網膜」が浮き上がったり、穴が空いたりしてぺりぺりとめくれてくる病気です。ボクシングとかでよくあるように、強い外部刺激によって起きることも多いですが、近視がものすごく強い人にも起こりやすいのでご注意を。これの何が嫌って、何の気なしに診てもらいに行ったら、緊急入院、緊急手術を言い渡されかねないことです。最近では同人出身の漫画家、蔵王大志(新書館)がそういわれて休載してましたね。(そしてその後、もうまくはくり体験漫画を描いていた…)しかも、かなり進行してると手術してもほとんど視力が出なくなります(またこの手術がひどくてね)。簡単に手後れになったり、失明したりします。またあんまり自覚症状内から恐いなあ。近視が強くって、最近黒い影や蚊のようなものがちらつく、とか視界が狭く感じる、下方部分が見えない、だんだん見える範囲が狭くなって来ている、という方が危険です。心当たりのある方がいないことを祈りましょう。


■続・網膜剥離物語
もうまくはくりは網膜に空いた穴やはく離した部分がそれ以上大きくなると大変危険のため、見つかるとすぐに手術といわれます(軽ければそういうこともありませんが)。なので、手術までは進行するのを防ぐためにトイレと食事の時以外は両目を閉じてずっと寝ていなければいけないそうです。辛いですね、ひどいですね。手術後はもっと安静が必要で(しかも最低1週間)、頭部を固定されることもあると聞いたんですが(寝返り防止??)、そういうことを聞くとますます嫌ですね、もうまくはくり。剥離するということは網膜が下の層から引き裂かれるということなので、1度引き裂かれてから手術でくっつけても元の視力には戻らないそうです。恐いですね、恐いですね。もう一度言いましょう。網膜剥離は怪我なんかしなくても起こる時には起こります。昨日のひとりごとの症状に心当たりのある方、いないことを祈りますね?



多分知ってて損のない知識
■疲れ目
あなたは一日に連続してどれくらいTVを見たり、ゲームをしたり、パソコン画面を見てたりしますか?私の最高記録はゲームプレイで14時間ぶっ通しというものです(馬鹿)。そこまでひどくなくても1日に2、3時間はパソの前で格闘していることが多いです。でもこいつが実は大問題です。目にとってテレビやパソコンなどのモニター画面を見ている1時間は、勉強や読書などの3時間に匹敵するのです。簡単に言えば、目の疲れが3倍。つまり、ほんの息抜きのつもりで2時間程インターネットしてるだけであなたの目は6時間分働いているのです!それだけ目を使う余力があれば色んなことができるのにーごめんよ私の目!目に感情があったら家出されかねないほど酷使してるよ。本当に苦労させてるね!でも巡り合わせが悪かったと思って諦めてくれ!よろしく!(爆)(ちなみにこの疲れは、集中して画面を見ることでまばたきの回数が減り目が乾くのも原因の一つなので、1時間おきくらいに涙の代わりの目薬をさすという手で多少はごまかせる)


■しみる目薬は本当に効いているのか
目薬はしみると「ああーきいてるきいてる」とか思いませんか?私はそう思ってました。でもそれは眼科医に言わせると「あれは防腐剤が入ってるからそれがしみてるだけなのに、皆なしみれば効くと思ってるんだよね」…含み笑いとともにもらされた言葉にやられました…だから眼科の目薬はしみないだろうと言われても…いや、眼科の目薬にも市販のほどじゃないけど入ってるけど…でも…………だまされてたんだーとか、思って切ない反面、周りの人間を見て「ふふ、だまされてるだまされてる」と思うようになりました(笑)でもCMとか見てるとしみるのがよさそうなんだけどなあ?


■疲れ目2
よくコンタクトを使っている方がこんなふうに言います。「最近疲れて物が見えにくい。特にパソコン画面や本を見るのがぼける感じがする」…そりゃそうだろう。疲れてるのは疲れるような事をしているからなので置いておくが、コンタクトをしたまま長時間近い距離を見ていると裸眼時より余計に負担がかかり疲れるんである。もともと遠くがはっきり見えるように合わせてあるはずなので、手元を見るには強すぎるのだ。つまりは強すぎる眼鏡をかけているようなもので、そんな状態で目を使えば疲れて調節がきかなくなり、見えにくくなるのは当然である。しかも人間は集中するとまばたきの回数が減るので目が乾いて負担倍増、はらたいらに3000点である(死)そんなわけではっきり言うと、コンタクトはどちらかといえば近くを見ての作業には向いてないよ、ということだ。別に弱いレンズとかあんまり近視が強くないとかだったらそんなに負担にはならないと思うんですがね。(


■疲れ目3
さて先日もだらだらと語った疲れ目の一番あたりまえの対策。1番、目を使わない(疲れさせない)。今ここで、無茶言ってんじゃねーよ!とつぶやいた方がかなり多いことでしょう。同感です(笑)嫌でも疲れるほど使わなきゃいけないときってありますからねえ…。2番せめて目薬をさす。コンタクトには潤いがあったほうがいいですから、まめにさすのがよろしいです。しかし、私の経験では目薬もっててもさすの忘れます。1日4回のですら1回か2回しかさしてません。これはかなり個人の几帳面さが出る作業でしょう。そして効かない人はぜんぜん効かない場合もあります(笑)3番、コンタクトじゃなくて眼鏡で作業する。しかもよく見えるやつじゃなくて、運転できるかどうかも怪しい弱い奴。そんなのでもパソ画面を見るのには十分です。これだとコンタクトほど目が疲れないし乾かないので、けっこう楽なはず。強い、はっきり見える眼鏡だとあんまり意味はないです。弱い、というのがポイントなんですよ!お年寄りの方が新聞読むのに老眼鏡をかけるように、近視の人は近くを見るのに弱い眼鏡をかけるのが実は最適な方法なのです。(特に目が疲れやすいひと)


■ききめ
今日は利き目のはなし。ひとに利き手があるように、実は目にも利き目があります。右と左で視力が違う場合、いい方の目で見てそうなものですが、案外利き目で見てたりするものです。見分け方はたいそう簡単。両手の人さし指と親指で三角を作ります。まず、両目で三角の中の風景を見ます。次に右目で中を見て、左目で中を見ます。利き目でないほうの目で見ると指、もしくは中の見え方が両目の時とズレて見えるはずです。ズレない方が利き目です。もしくは何かを覗き込む時に使う目が利き目ですね。まあ、これがわかったからといって何かの役にたったりするわけではないのですが(笑)


■再診と初診
自分の中ではあたりまえーとか思ってたんですが、初めて医者に行ってから3ヶ月経つと「再診」ではなくってまたしても「初診」扱いになって金がかかる、ということはご存じでしょうか?どんなサイクル(薬だけもらってるとか)で通院してても、前回から3ヶ月以内の方が安いんです。たとえ1日でも過ぎると診察代が高つくので、狙ったように3ヶ月ぎりぎりで医者に行くとか、間に1回薬のみを頼んでみる、というのは効果的な手です(笑)そしてさらに!個人のカルテは五年間は保管してあるという話なので「うーん、前に来たのいつだったかなあ?数年前の事だし初めてって言っちゃえ!」というのはかなり怒られます。昔よくこれをやって窓口で注意されました(爆)カルテの書き換えや保険事務所への問い合わせやなんだで大変らしい…社会人になって保険証が変わったのにそのことを忘れてたら家に電話までかかってきたさ。お金がいっぱい戻ってきて得した気分になれましたが(被保険者3割で払ってた分の差額)、その際の窓口のおばちゃんの目が忘れられません…恐かった…責められているような気がしたよ…(泣)


■医療費
春は医療費が変わるシーズン。薬が安くなることもあれば、検査・診察が安くなることも、その逆もありますが慣れるまでは事務員泣かせの時期です。ちなみに、気にしてない人は気にしてないと思いますが、休日に医者に行くとすげえ高つきますから当番医に薬だけもらいに行くのはやめたほうが良いです。深夜10時以降だと休日のときよりもっと高いです。(ベット数150以下の医院だと自費で7500円は最低とられるでしょう)休日のやけど、手術、手術扱いの処置はさらに1.8倍です。恐ろしい金額を請求されそうです。保険のありがたみを噛み締める瞬間です。自費なんてとんでもないです(ぶるぶる)。ある薬なんて自費だと5mgの軟こう1本で4170円、とかいう場合もあります。…やはり人間、健康が一番よいです。医者なんて世話にならんほうが人生明るいですね!